最高のITフリーランスになろうよ

Javaは、WEBシステム開発にも多く用いられるため、WEBに関するネットワークやHTMLなどの基礎知識も必要。未経験者は、まずEclipseなどの開発環境の構築から始めるのが一般的です。

 

教育プログラムや研修制度でも、基礎としてまずはこのあたりの知識から導入するケースが一方ならぬでしょう。また、企業におけるシステム開発ではプロジェクトチームを組んで開発するケースが多数。

 

研修では、基礎的な知識・技術の習得からはじまって、実践練習として簡単なプログラムの作成を通じて理解を深めていくという流れが大量でしょう。チームの中で役割分担をしながらシステムを作り上げていくため、コミュニケーションスキルも身に着けるべき重要なスキルのひとつです。

 

基礎の習得から、実践、模擬体験などを経て、スキルを積み上げていけるような制度が整えられていることがほとんどですので、焦らずにひとつずつ身に着けて着実にステップアップしていきましょう。未経験者を募集する企業では、プログラミングに関する研修制度や教育プログラムをもっているのが一般的です。